女性

防音工事でハウススタジオの実現~工事の丸秘テクニック~

快適な空間をゲット

内観

楽器の演奏や発生練習のためと、周囲を気にしてダンボールで簡易的な防音工事を施す人もいるでしょう。しかし効果には期待出来ないので、快適に音楽を楽しみたい人は業者へ依頼して防音室を作ってみると良いでしょう。

View Detail

ハウススタジオの作り方

インテリア

近年、様々な用途で自宅に防音工事を施す人が増えています。時間を気にせず音楽を楽しめるので、ピアノ教室やレコーディングにはピッタリなのです。業者へ依頼する時は、要望をしっかり伝えるのが成功のポイントです。

View Detail

撮影用に変身させる

設計

自然光や家庭的な雰囲気があることで、一般の住宅をハウススタジオへ防音工事するケースが増えています。しかしハウススタジオの場合は一般的な工事よりも高度になるため、依頼する際は費用は工事の流れについて事前に細かく確認することが大切です。

View Detail

音楽がより楽しめる

作業担当者

趣味や仕事として、楽器演奏をしたり、バンドを組んでいる人も多いのではないでしょうか。自宅で練習するためのハウススタジオがないので近隣のことを考えると難しいため、練習をするには防音室完備のスタジオを借りることになります。しかし、スタジオの防音室を借りるにしても都合に合わせて予約が取れなかったり、もっと練習がしたいのに、時間に制約されたりします。時間を気にせず、思いっきり練習がしたい。その願いを叶えるために自宅にハウススタジオを作ることを考えてみましょう。ひとつの方法として自室に防音工事を施すという選択肢があります。部屋の床、天井、壁に防音材を取り付けたり、窓を防音サッシにする防音工事をします。部屋にあわせて、設計、施工しますので、それなりの費用と工事期間が掛かります。
もうひとつの方法として、自室に防音室を設置するというものがあります。これはユニット式になっていて、大きさも約1畳から4.5畳くらいのものが楽器メーカーより販売されています。組み立ても簡単で、大きさにもよりますが、1~3時間で完了します。これで、あなたのお部屋も防音室完備のハウススタジオとして、思いっきり使用できます。費用も自室を防音工事するよりは遥かに格安で済みます。このハウススタジオとしてのユニットは、防音工事された部屋という見方もできます。そのため、個人の書斎としても使用でき静かな読書の一時を持つといった使い方や、ペットの部屋としても使えたりします。