アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
一面スピーカー

防音室設置のメリット

趣味や仕事として、楽器演奏をしたり、バンドを組んでいる人も多いのではないでしょうか。
自宅で練習するためのハウススタジオがないので近隣のことを考えると難しいため、練習をするには防音室完備のスタジオを借りることになります。
しかし、スタジオの防音室を借りるにしても都合に合わせて予約が取れなかったり、もっと練習がしたいのに、時間に制約されたりします。

時間を気にせず、思いっきり練習がしたい。その願いを叶えるために自宅にハウススタジオを作ることを考えてみましょう。
ひとつの方法として自室に防音工事を施すという選択肢があります。
部屋の床、天井、壁に防音材を取り付けたり、窓を防音サッシにする防音工事をします。
部屋にあわせて、設計、施工しますので、それなりの費用と工事期間が掛かります。
もうひとつの方法として、自室に防音室を設置するというものがあります。
これはユニット式になっていて、大きさも約1畳から4.5畳くらいのものが楽器メーカーより販売されています。
組み立ても簡単で、大きさにもよりますが、1~3時間で完了します。
これで、あなたのお部屋も防音室完備のハウススタジオとして、思いっきり使用できます。
費用も自室を防音工事するよりは遥かに格安で済みます。
このハウススタジオとしてのユニットは、防音工事された部屋という見方もできます。
そのため、個人の書斎としても使用でき静かな読書の一時を持つといった使い方や、ペットの部屋としても使えたりします。

ステレオ

防音工事で快適に

あらゆる楽器を頻繁に演奏したい、あるいは演奏できなければ困ってしまう、発声練習を思いっきりやりたいという方にとって、防音室やハウススタジオというのはまさに憧れの中の憧れではないでしょうか。
どんなに優れた楽器を購入したり素晴らしい演奏技術を持っていたとしても、肝心の演奏する場所がないのではまったく意味がありません。
かといって頻繁に別の防音室やハウススタジオを借りて演奏するというのも、なんとも窮屈なものですし長期的に見ればコストも馬鹿になりません。
そんなときに注目してみたいのが防音工事を業者へ依頼することで、自宅の部屋を防音室やハウススタジオにしてしまう方法です。

ライブ活動

快適なミュージックライフ

よく防音工事を施すのは手間やコストがかかるからと、自作でダンボールなどを用いて防音工事のマネごとのようなことをされる方も見受けられますが、あまり効果のほうへは期待なさらないほうが賢明です。
どうしても本格的に楽器演奏やヴォイストレーニングをしていきたいとお考えであれば、防音工事によって防音室やハウススタジオといった環境を作ってしまうことが、遠回りなようでもっとも最善の方法になってくるでしょう。
楽器演奏にしてもヴォイストレーニングにしても、何かに気をつかって常に遠慮しなければならないという環境下ではせっかくの成長の妨げともなってしまいますし、快適なミュージックライフをとことん実現するためにも防音工事を前向きに検討されてみてはいかがでしょう。